FC2ブログ

北海道2

(2013-09-11)
 さて2日目です

もう一つのメインイベント  「早朝雲海テラス」  です

これは自然相手の不安定な、何の約束も出来ないイベント

私たちの前日まで、1週間以上雲海が現れず、がっかり!!!

前日は雲海どころか、悪天候のためゴンドラの運行もストップだったそうで

添乗員も、ホテル従業員も、ガイドも

誰も悪くないのに「すみません・・」と、かえって滑稽なくらいですよね

私たちはと言えば・・・

朝3:30起床。急ぎ着替えて、化粧して(これは欠かせません(笑))

シャトルバス乗り場にはせ参じたところ・・・

ながーーーーーーい列が暗がりの中続いています

10分ほどまち、通勤ラッシュを思いださせるかのようなバスに揺られ

更に観覧車のゴンドラのようなもので高く高く・・・山の中腹まで

登りました。

そこで見たものは・・・

日の出が重なり、それはそれは美しい、夢の世界でした

6-1.jpg 6-2.jpg

6-3.jpg 6-4.jpg


展望台から足を出せば、雲海の上を歩けるかのような錯覚

足元まで雲海が広がり朝日が様々な色を映し出し

美しいキャンバスにも変わります

時間のたつのも忘れて予定をオーバーして

朝食なんか1回くらい抜いてもいいか!と思わせるほど・・・

でも、あわただしい中、しっかり食べましたよ(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

興奮冷めやらぬ状態でホテルを出発

チーズ工場見学

ただでさえお腹いっぱいなのに、無理!!!

富良野地方は地元の食材を使い、地元で生産、

ここまではどこでもやっているようですが

更に「地産地消」でこの地でしか手に入らない物を

数多く生産しているようです

「また、食べに来てください」が合言葉のようです


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3番目のガーデンの見学です

倉本聰作品  「風のガーデン」  の撮影地?セット?

トレイルを歩くと見えてきます。白い建物が・・・

残念ながらそのドラマを見ていないので

どんな場面なのか、チンプンカンプン

でも、お庭の素晴らしさは圧巻です

自然体とでもいいましょうか、無理なデザインを

施すことのない、ゆるりとしたお庭です

黒木メイサが・・・緒形拳が・・・

と説明されても、見ていないことには思い出すこともありませんが

単純にすばらしいガーデンです

7-1.jpg 7-2.jpg

7-3.jpg 7-4.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここからは恐れていた(笑)雨です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワイン工場の見学、下戸の私には本音、どーでも良い場所でしたが

みなさん試飲でご機嫌なようでした

問題は次の  「ファーム富田」 

雨の中下車させられ(?)何の雨除けのない広いガーデンに

傘を持っての見学

屋根のあるのはお土産コーナー、カフェコーナー

おもわずお土産を買ってしまいます

雨のおかげでお土産コーナーはいっぱいでした

ここはラベンダーの種を輸入し日本各地で試験栽培を始め

富良野の地に栽培を決定

ラベンダーオイルの生産地として発展するも

合成香料の普及で、オイル生産のためのラベンダー農家は

衰退の一路をたどりますが、ここ「ファーム富田」が

残ったそうです。今ではラベンダー製品を

考案し全国で買えるそうです

もうラベンダーは刈り取られていましたが

カラフルに植え替えられ、飽きさせない工夫が

されていました


8-1.jpg 8-3.jpg 8-2.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

土砂降りの雨の中、  「後藤澄男美術館」  に到着

ま、屋内なので雨の割にはラッキーかな!

と気持ちをポジティブに!!!

個人所有の美術館としては国内最大規模を誇るそうです

ここで初めて油絵と近代日本画の違いを勉強しました

日本画と言えば、水墨のイメージが強かったのですが

近代日本画とは、キャンバスと絵具が油絵と異なる

大きな点だそうです。

油絵具に対し、岩絵具、キャンバス生地に対し、和紙!

岩絵具とは主に岩、貝、宝石、鉱物などの自然の素材を粉にし

膠(にかわ)を接着材として使う手法なのだそうです

知っているところでは、水晶、貝殻、ラピスラズリなど・・・

一瓶100万円もするものもあるそうです

見事な絵画によくある質問

「おいくらくらいするんですか?」

「億は下りません。この展示品で30億ほどです。

 おひとつ、いかがですか?」

「いえいえ・・・無理です」

定番のQ&Aだそうです(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

因みにこのあたりで  「嵐の5本の木」  を車窓観光

人気アイドル嵐がJALのCMでロケした5本の樹ですが

個人の敷地内にあるため、

あまりの人気で交通渋滞やら、不法侵入(笑)

地主さんはカモフラージュのため(?)

あと2本植えてしまったそうで、

今では5人の木ではなくなったそうです

同様に有名な「ケンとメリーの木」も

個人の所有物ですが、町で駐車場を作ったほどの

大人気スポットになっているそうです

1976年9月ケンとメリーのスカイライン「地図の無い旅」編だそうです

9-1.jpg


なつかしさを感じる方は こちらから ・・・You Tubeで見つけました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨の中、美瑛・パッチワークの丘めぐり

「ぜるぶの丘」では降ったり止んだり、どかっと降ったり・・・疲れました

ろくに見物もせず、単なるトイレタイムで終わりました

9-2.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さぁ、冷たい雨に打たれて冷えたからだは今夜の宿、白金温泉へと向かいます

天候は体を倍疲れさせますね


 


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ



スポンサーサイト





コメントの投稿

非公開コメント

北海道は広いから
色々素敵な所があるんですね。

早朝雲海テラス~別世界ですね(*^o^*)
前日までお天気が悪かったみたいだし
Q&Aを見ると
6月〜9月の時期で30%〜40%前後の確率って。。。
みかんさんと旦那さまの行いがいいんでしょうね(*^o^*)
自然が相手だから 見れなくてもとは思うけど
見られて最高ですね♫

行ってみたい~~~~行きたい~~~(笑)

素敵な写真がいっぱいで
行った気分にさせていただきました(*^o^*)
ありがとうございます♫

未夢 さん

返ってきて写真を整理すると、花は同じに見えてしまいます。
意外と雲海テラスは写真だけでその時に戻れます。
何が印象に残るかわからないものですね

運がいいのですね。 雲海テラスを 見られたなんて
凄いです。

旅は道ずれ じゃなく お天気次第 なかなかおもうようにはいかなかったようですが またいかれたらいいでしょう。

何度も足を運べば もっと素敵な 景色が見られるでしょう。
季節が変われば また違った景色に様変わりします。

何度行っても美味しい空気と風に魅力満載ですね。

杉の木さん

みなさんにそう言われます・・・なかなか見られないそうですね
あの絶景がさらに価値あるものに思えます。
また次を考えて、良い季節を選んでいきたいと思っています。
見どころ、教えてください

北海道 2

「早朝雲海テラス」  ツアーにこんな素敵なコースがあるとは

知りませんでした。運が悪い人は何回行っても見られない

でしょうに本当にラッキーでしたね。

このような景色は山登りする人しか見られなかったのに今は

ゴンドラで楽に高い所まで行けてありがたいことです。


「風のガーデン」大好きでずっと見ていました。

ドラマで流れる平原あやか?の歌も好きで一度行ってみたいと

思っていた所です。

本当に行ってみたい所が沢山あって何回も出かけないと

駄目ですね。

写真でも充分楽しませていただきました。

コスモスさん

風のガーデン、きっとドラマを思い出し、感動も倍でしょうね
どこも同じような景色が多いですが、充分楽しめました
ゆっくりいらしてください。違う写真を撮れるのでしょうね。楽しみです

北海道2

とても素晴らしい体験をされて良い思い出が
出来ましたね。

雲海テラス、見るまでの苦労が吹き飛んだでしょう。
本当に雲に乗れるのでは?と錯覚しそうです。

どこまでもまっすぐ伸びている道、先が見えないほどの畑、
いいですよね。又行ってみたくなりました。

プロフィール

みかん

  • Author:みかん
  • パソコンが趣味で、
    シニア、初心者の方に
    楽しい、やさしいパソコンを
    使っていただけるよう
    お手伝いしています。
リンクに追加
FC2カウンター
訪問ありがとうございます。
ブログランキング参加中
日本ブログ村ランキング
ランキングに参加しています クリックお願いします にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
お友達ブログ
ブログの更新が一目でわかります!
リンク
みかんのつぶやき携帯版
こちらからもどうぞ!
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
検索フォーム
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる