FC2ブログ

バルデルあての赤い紙

(2012-10-04)
  babatyamaさんのブログ(クリックするとブログへ行きます)

にアップされている戦時中の実話だそうです

ペット好きのみなさんのみならず、

キュンとすると思います

ちょっと長いので(10分)お時間のある時に

ご覧ください。

身近な家族のお話と思ってご覧ください





ポチッとお願いします。

スポンサーサイト





コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます
動画UPをありがとうございます
一人でも多くの方に見て頂きたかったので
ありがとうございます感謝します

バルデルあての赤い紙

わんこを飼っている身には胸が詰まります!!
連れて行かれる時どんなにかお辛かったことでしょう。

パルデルは立派に任務を果たし天国に召されたと
思います。
前にこんな犬の続きで兵隊さんに可愛がられて
終戦を迎えたとき、日本に帰る船に犬は載せられない
と言われ、その兵隊さんが困っているのを察した犬が
リードを噛み切ってどこかへいなくなったそうです。

飼ってみないと可愛さは分かりませんでした。
娘のおかげで体験でき、大変ですが楽しいです。

babatyamaさん

すばらしい動画に感動しました。
みなさんに紹介させていただけて
光栄です
ありがとうございました

湘南ピースさん

わんこを可愛がっていらっしゃるので
切ないでしょうね
地雷犬というのを初めて知りました
体が震えました。
今のわんちゃんは幸せですね

犬もお国のために戦ったのですね。
じ~んとくるお話でした。
地雷犬などしらなかったです。

子供の頃今治の町が焼けた時「かあちやん
わたしら今日死ぬん?」と聞きました。
祖母は位牌を背負って防空壕へ逃げながら
なつみー(母の名前)町が花火みたいに

きれいだよー。私は怖くて振り向けませなんだ。
思い出します。

戦争を少し体験していますので胸がつまりました
西の空が真っ赤だったのを5歳の私も見ました。
岡山にいましたから広島に落とされた原爆の炎だったのでしょう。このワンちゃんの映画を見たような気もしますが・・・

すばらしい動画
ありがとうございました。
地雷犬のことは知りませんでした。
戦争のことは、わかりませんが、
うまく書けないんですけど、
何かジーンとくるものがありました。

パルデルの赤い紙

素晴らしい動画ですね。

ストーリーもじーんとさせられますが温かみのある絵

バックに流れてる音楽も雰囲気に合っていて良かったです。

昔の紙芝居にも似ていて・・・

私も地雷犬など知りませんでしたが戦争を知らない

今の子供たちにもこのお話見せたいですね。

今治りんどうさん

だんだん戦争を知る人物が減ってきます。
切なく、胸が締め付けられる話ばかりですが、絶対、伝え続けたい話です。今治のお話も是非書き残してください

あざみさん

この犬も賢くなかったら、召集されなかったでしょうに・・・
叔父は昔の飛び級で若い年で将校として戦地に散ってしまいました。戦争は何もかもなくしてしまう、愚かなことですね

クリオネちゃんさん

伝えていかなければいけない事だと思います。
地雷犬など虐待の極みですよね。
どうしてこんなことができるのか?!
戦争は狂気です。悲しく、怒りを覚えます。

コスモスさん

babatyamaさんも、伝えていきたくて
作られたようです。ペットをかわいがる時代に
このお話は胸に刺さると思います。
若い人、子供たちにも戦争の恐ろしさ、悲惨さが
より伝わるのでは・・・

ワンちゃんにも召集令状がくるなんて
知らなかったです。。。
ワンちゃんも家族の一員 切なくなります。

未夢さん

ポメちゃんだったら・・・ぞっとしますよね
戦争は正気の沙汰ではありません。
何があっても阻止しないとね。
次世代に伝えていきましょうね
プロフィール

みかん

  • Author:みかん
  • パソコンが趣味で、
    シニア、初心者の方に
    楽しい、やさしいパソコンを
    使っていただけるよう
    お手伝いしています。
リンクに追加
FC2カウンター
訪問ありがとうございます。
ブログランキング参加中
日本ブログ村ランキング
ランキングに参加しています クリックお願いします にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
お友達ブログ
ブログの更新が一目でわかります!
リンク
みかんのつぶやき携帯版
こちらからもどうぞ!
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
検索フォーム
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる