FC2ブログ

母の引っ越し

(2020-09-12)
 
老健から特養へ引っ越ししました。

そもそも2つの施設の違いは

介護老人保健施設(老健)が在宅復帰を目指しリハビリを行なう施設で、入所期間が限定されています。

また、老健には常勤医師がおり、特養と比べると看護師の配置人数が多く、

理学療法士や作業療法士などのリハビリ専門職の配置も義務付けられています。

機能訓練の設備も充実しており、老健は在宅復帰に特化した施設と言えます。

特別養護老人ホーム(特養)は寝たきりなど重度の介護にも対応した生活施設であり、

入所期間に制限はなく終身利用が可能です。

母は4年前に骨折したあと、リハビリのため老健にお世話になっていましたが

すでに100歳、車いすが必至の生活となり、

自宅に帰ることも出来なくないました。

ではそのまま特養へ!ところが、歩けない、生活に手助けは必要だが、

何とか自立が来ているという判断で要介護2。

なにより、頭がしっかり、認知がない!

特養は要介護3以上でなければ入れない。

正直、宙に浮いた状態が続きました。

老健の配慮で、要介護3になるまで出なくて済みました

今年、あちこちの衰えでやっと要介護3になり、

特養を探し回りました。もちろん、慣れた老健においてもらえないか

何回も話しましたが、ルールですから無理な話。

コロナの中、7か所をめぐり、一番良さそうな特養にお願いしました。

健康診断など順調に進み、8月末に引っ越し。

それまでコロナで面会できなかったのですが、一回り小さくなり、声も弱弱しく

顔色もさえないような感じを受けました。本人曰く、心配で眠れなかったからだそうで

どうなることか、心配になりました、

引っ越し先もコロナで面会できません。

申し込み制でスカイプでエア面会ができるとか。

早速申し込み、テレビ越しに面会しました。

慣れてきたが、まだまだ届けてほしいものが・・・

すっかり顔色もよく、声もしっかり、なにより記憶が

冴えわたっています。

施設の方にもよくしてもらっているようで少し安心です。

感染厳重無事注意の中、無事引っ越しは終わりました。

grape1_20200912142808cb6.jpg


 


励みになります。ポチっと応援、お願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト





プロフィール

みかん

  • Author:みかん
  • パソコンが趣味で、
    シニア、初心者の方に
    楽しい、やさしいパソコンを
    使っていただけるよう
    お手伝いしています。
リンクに追加
FC2カウンター
訪問ありがとうございます。
ブログランキング参加中
日本ブログ村ランキング
ランキングに参加しています クリックお願いします にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
お友達ブログ
ブログの更新が一目でわかります!
リンク
みかんのつぶやき携帯版
こちらからもどうぞ!
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
検索フォーム
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる